FC2ブログ

回転する道標

愛妻とピーチパインを食べた話を書こうと思ったけど、最近話題が偏っているような気もするので、久しぶりに旧街道の道標の話題(そんなに「久しぶり」でもないかな?)。

道標1_convert_20140313220207

「右 十三越道」とあります。ちなみに「十三」は、阪急十三駅のある大阪市東淀川区の十三ではなくて、生駒山系の峠の一つ「十三峠」のこと。

この面の右隣の面は「左 大阪道」となっています(下の写真。ちょっと判りにくいかな?)。

道標2_convert_20140313220224

さらに、左隣の面は「すぐ 八尾みち」となっています(ここだけ、なぜ漢字でなくて「みち」なんだろう?)。

道標3_convert_20140313220446

前にも書きましたが、道標で「すぐ」とある場合は、「近く」という意味ではなく「直進」の意味です。

また、裏面は「享和三年亥十一月世話人木綿屋五兵工/鍋屋伊兵工」とあります(実はこの面は、武藤善一郎『大阪の街道と道標(改訂版)』(サンライズ出版、1999年)で後で確認)。

ところで、「右 十三越道」とありますが、この面の正面に立って、右を見ても分岐する道はありません。また、「左 大阪道」の面の左手は、八尾方面です。さらにさらに「すぐ 八尾みち」の面の先は、T字路の突き当たりです。

と言うことは、元の位置から回転しているのですねえ(移動もしているかも知れない。まあ珍しいことではないけど)。右に90度程度回転していると考えれば辻褄があうかな。

ちなみに、こんな感じで立っています(わかると思うけど、念のため書けば、電柱の右側)。

道標4_convert_20140313220302

まっすぐの道は、旧「河内街道」で八尾に至ります。右折する道は旧「俊徳街道」。旧「俊徳街道」をこのまま進みますと、一旦、近畿自動車道と中央環状線に分断されますが、その続きは、近大の記念会館とクラブセンターに挟まれた通りになります。

なお、旧「河内街道」は、この地点からしばらくは旧「十三越街道」との重複区間になります。あと、「俊徳街道」と「十三越街道」は一体のものとして認識されているようなところもあります。

いずれにせよ、現代では、何ら気に留めることなく通り過ぎてしまいそうな平凡なT字路が、昔はジャンクションだったということ(実は、ここを通るのは二度目なんですが、一度目は道標に気がつかなかったよ)。こういうのって、ワタクシ的には面白いと思うんだなあ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: