FC2ブログ

あれ?混乱しているなあ

先日(2014.04.25)、『資本論』を話題にしましたが、こんな過去記事(2011.12.23)も書いていました(忘れていたYo!)。以下、再掲しますが、下線部が混乱していますね(汗)。

---ここから過去記事再掲---

日経BP社から,マルクス『資本論』の新訳(中山元訳)が出てますね.日経BPとマルクスの組合せの意外性もあり,一寸気になります.

Amazonの「なか見!検索」で一部読めますので,「訳者あとがき」だけ読んでみました.新訳わかり易そうですし,ちょっと欲しくなりました.

しかし,数年前に今村仁司ほかによる新訳(2005年,筑摩書房刊)が出たときも衝動買いしたんですよねえ.研究室の書棚に積んだままです.蔵書が増えるのを只今警戒中ですので,積ん読で終わるのも嫌ですし,今回は見送ろうかなあ・・・.

思えば,向坂逸郎訳(岩波文庫)に手を出したのが,確か農学部の2年生の時でした.既に農業経済学を志していた頃で,経済学はサミュエルソンの教科書を読んで独習していましたが,当時の農業経済学界はマル経が主流でもありましたので,「一丁,勉強してみるか!」と繙いてみました

私自身はマル経農業経済学者ではありませんが,実はマルクスの文章は嫌いではありません.博識ですし,ウィットに富んでいると思うのですね.少なくとも,一部(?)のマルクス主義者の文章から感じられる「偽善」や「単純な正義感」の匂いは皆無です.「マルクスはマルクス主義者ではない」とはよく言われることです.

さて,寒い日が続きます.嫌ですねえ.しかし,愛妻が作ってくれたマフラーの新作をようやく着用できると思いますと,嫌な気持ちが少しは和みます.


---再掲ここまで---

4月25日の記事では、農学部の1年生のときに、「大学生ならマルクスを読まないといけないだろう」という単純な理由で読み始めましたが、第1分冊は確かに読了しましたが、第2分冊は読了したかどうかさえ定かではない(記憶にない)のであります。それから、薄い薄い『賃労働と資本』は読みました。/第2分冊までは確かに買っていますが、第3分冊以降は入手すらしなかったと思います。代わり(?)にサミュエルソンの教科書を買い、「ボクは近経」宣言をしました」と書いています。

時期も理由も混乱しています。書いているときは意識しなかったけど、「どっちが正しいかわからない(覚えていない)」のが正直なところ。他人にはどちらでもよいことなのでしょうが、何となく気持ち悪くなってきた。

写真_convert_20140502013210

まあ、少なくとも、「大学1年生か2年生の時に『資本論』を読もうとして挫折した(岩波文庫の1冊目だけは読んだ)。しかし、マルクスは嫌いではない(マルクス主義者は苦手だけど・・・)」は確かなようです。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: