FC2ブログ

中山道の宿場町三題

一昨日、街道歩きのガイドブックを紹介したついでに、今日は東海道と並んでメジャーな旧街道である中山道の宿場町をいくつか紹介しましょう。

と言っても、ボクは中山道の宿場町は、板橋、赤坂、番場、草津の4箇所しか訪れていません(しかも、いずれも別の目的があってのついで)。その中から東海道との合流点である草津を除く、3箇所の写真を貼りましょう。

まずは、武蔵国の板橋宿であります。写真は、地名の由来にもなった石神井川にかかる「板橋」という橋。

P1120955_convert_20150217160421.jpg

もちろん、当時の物とは違いますが、一応、宿場町を意識した意匠です。雰囲気があっていいね。板橋は、「板橋」に限らず宿場町であったことを町づくりに活かそうとしている点をボクは評価しているYo!

さて、次は、一番有名な信濃国の部分をすっ飛ばして、美濃国の赤坂宿です。

P1160051_convert_20150218191039.jpg

ずばり「中山道」の看板が!わかりやすい。確か、本陣の近くです。

もう少し進んだ西のはずれ近くに、西濃鉄道昼飯線(廃線)の廃踏切が残っています(以前に紹介済み)。

P1160080_convert_20150218192507.jpg

左の小屋は踏切番の詰所。

赤坂は、宿場町としても、もちろん面白いのですが、西濃鉄道が2回も中山道を横切っており(上の写真の廃踏切以外に、現役の市橋線の踏切がもう1箇所あります)、鉄道好きにも楽しいと思うよ。それに、東海道線の支線の終着駅・美濃赤坂駅もあります。

(この部分に以前は番場宿に関する記述が入っていましたが、間違えて(!)北陸道の米原宿の写真を貼って、それに基づき書いていましたので削除しました。2015年3月4日 → 追記参照)

以前に、このブログで「中山道の宿場町二題」というタイトル(今日のタイトルと一字違いだ)で、板橋宿と赤坂宿を紹介しましたが、ときどき、同じような主旨で記事を書きたくなるようです。

それにしても、妻籠宿や馬籠宿に行ったことがないと言うのは、道好きとしては致命的だなあ。でも、妻籠宿や馬籠宿なら愛妻と行きたいな~。

---
追記(2015年3月4日):私は大きく勘違いしていました(汗)。北陸道の米原宿の中にある「左北陸道 右中山道」の道標を見て、中山道と北陸道の分岐点だと思いこみ、自分の立っている位置が中山道上であると勘違いしたのが始まりです。しかし、道標の意味は、単に「右に進めば中山道に至る」ということで、立っている場所は中山道上ではありませんでした。それに、そもそも分岐点は、鳥居本宿ですから番場宿と間違うのはおかしいのです。要するに、私のかなり初歩的なミスです(私の頭の中では、米原宿、番場宿、鳥居本宿がゴッチャになっていたのでしょう)。なお、そうしますと、このブログのタイトルは「三題」ではなく「二題」ですが、以前の記事タイトルと同じになってしまうので、そのままにしました。恥ずかしいので、記事全体もカットしようと思いましたが、自戒のために残しました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: