FC2ブログ

愛妻と行きたい宿場町(その2):京街道守口宿

「愛妻と行きたい宿場町」シリーズの第2弾です。

今日は、京街道の守口宿であります。ちなみに、「京街道」(「大坂街道」とも言います)は、「東海道」の延長とも捉えることができます(その場合は、「東海道五十三次」ではなく「東海道五十七次」になり、守口宿が57番目の宿場となります)。

京阪の守口市駅西口前に、弓なりに伸びる微高地がありますが、その上を走る幅員の狭い道路がかつての京街道であり、その両脇がかつての守口宿です。

P1370929_convert_20150311213936.jpg

旧街道だった道路は、未拡幅で地道風舗装が施されていますし、古い建物も点在していますので、それなりに宿場町の雰囲気を感じることはできます。

P1370958_convert_20150311213951.jpg

でも、これだけで「愛妻と行きたい宿場町」になるわけではありません。面白いのは、この守口宿、豊臣秀吉の命によって建設された「文禄堤」(先ほど言及しました弓なりの微高地ね)の上に乗っかっていること。

京街道を歩いていても堤に乗っているとは気付き難いのですが、周囲とは高低差がありますので、クロスする道路は全部跨いでおり、そこで気付きます。

ちょっと、グーグルアースで見てみましょう(回転させていますので、左下方向が北)。中央に陸橋がありますが、この陸橋に連結している道路が元京街道の道路です。周囲との高低差が判るでしょう?

文禄堤_convert_20150311223802

こちらは、守口市教育委員会による説明板。

P1370916_convert_20150311213903.jpg
P1370917_convert_20150311213919.jpg

とにかく、今日は、「文禄堤は一見の価値があるYo!」というお話でした。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: