FC2ブログ

いろいろ気持ち悪い

昨日の記事を書いてから、こんな過去記事を書いていたことを思い出しました。2011年10月の記事です。

---ここから過去記事再掲---

他人と喋っているときに,自分の配偶者のことを「相方」とか「パートナー」と表現する人が増えているように感じます.使い手には,「進歩的(?)」な人が多いようです.いかにも「男女平等参画社会」的な呼称ですが,しかし,率直に言って「気持が悪い」のです.

多分,個人的感覚なのだと思うのですが,配偶者について語る文脈で,これらの言葉を耳にしますと,蕁麻疹が出そうになります.DPLは,愛妻のことを「相方」なんて,とても表現できません.まあ,DPLにとって,愛妻は親友以上の存在ですが,「妻」は「妻」です.

「妻」は,情緒のある美しい言葉だと思うのです.それを「相方」だの「パートナー」だのといった情緒を消去した言葉に置き換えて欲しくないと思うのです(それに,なんだか,相手が「取り替え可能」というニュアンスを感じてしまうんだなあ).いっそ,「私の配偶者」とでも言ってくれた方が,「潔さ(?)」を感じて,まだマシです.

ところで,「うちの奥さん」「うちの奥様」と表現される方もいらっしゃいます.これは,何となく微笑ましい.

と言うわけで,以上は,単なる「好き嫌い」の話です.該当する人は気にしないで下さい.

---再掲ここまで---

「いろいろと詰まらないことを気持ち悪がるんだなあ~」と思われたかも知れませんが、生理的なものだからしょうがないよね(開き直り)。
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

わたしは夫のことを「ダンナ」と表現しています
特に意味はありません、ずっとダンナはダンナです
パートナーでもないし相方でもありません
芸人じゃないですし(汗)・・・おんなじ仕事してるわけでもないですしね・・・
ダンナはわたしのことを人に紹介するときには「うちの家内」と言ってます
こういう言い方に抵抗ある方もいるかもしれないですけれど 私は別に何とも思いません ツマ と呼ばれるより抵抗なしです(^^;)


Re: タイトルなし

Jamさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます!
「家内」は私も嫌いではない呼び方です(批判的な方もいるのは承知の上で)。
この点につきましては、以前も書きましたので、また時間のある時に読んでいただけますと嬉しく思います。
http://aisaikaken.blog93.fc2.com/blog-entry-882.html

> こんにちは
>
> わたしは夫のことを「ダンナ」と表現しています
> 特に意味はありません、ずっとダンナはダンナです
> パートナーでもないし相方でもありません
> 芸人じゃないですし(汗)・・・おんなじ仕事してるわけでもないですしね・・・
> ダンナはわたしのことを人に紹介するときには「うちの家内」と言ってます
> こういう言い方に抵抗ある方もいるかもしれないですけれど 私は別に何とも思いません ツマ と呼ばれるより抵抗なしです(^^;)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: