FC2ブログ

国道本と言えばやはりコレでしょう

先日、大学生協の書籍部に、佐藤健太郎『ふしぎな国道』 (講談社現代新書、2014年)がやたらに沢山並んでいたのですが(なんで?)、しかし、国道本と言えば松波成行『国道の謎』(祥伝社新書、2009年)ですよ!

と言うわけで、同書を紹介した過去記事再掲です。

---ここから過去記事再掲---

世の中には「酷道」と呼ばれる国道があります.それは,先日紹介しました国道308号のように,車がやっと1台通ることが出来るような生活道路の場合もありますし,車ばかりか登山客でも敬遠するような山道が国道に指定されていたり,途中が階段になっている国道さえあります(愛妻の運転で「酷道」を走ったことがありますが,「対向車来るな!」と念じながらの走行となりました.結構な「恐怖」でした).

そんな,国道の魅力(?)をあますところなく伝えようとした書物が,今日ご紹介します下の写真の本です.

国道の謎082_convert_20101115125757

新書ですが,400ページ近くあります.しかし,全国に459路線あり,総延長約55000kmに及ぶすべての国道が紹介されているわけでは勿論ありません.著者独自の基準により取捨選択されていますが,いずれも丹念にその歴史や現況を解説したもので読み応えがあります.

ちなみに,本書で取り上げられている国道は,階段国道として有名な339号,最短国道である174号,漁港へ向かう177号,米軍基地につながる189号,海上国道の58号,「明治国道1号」の道筋を辿る133号,谷川岳に残る通行不能の291号,標高日本一の292号,無料高速「名阪国道」で有名な25号,なかなか国道になれなかった「第三京浜」の466号です.

一読すれば,国道に対する既成概念がひっくり返ること間違い無しの書物です.ビフォー・アフターで世界観が根本から変わってしまうような書物を「名著」と呼ぶならば,本書は「名著」と呼ばれるに相応しいと思います(勿論,「人によっては」です・・・).もともと道好きだったDPLも,本書を一読して国道の魅力に取り憑かれました.

なお,著者は共著で,写真を主体にした『酷道をゆく』『酷道をゆく2』(いずれもイカロス・ムック)も出しておられまして,それらに掲載されているカラー写真と比較しながら本書を読み進めますと楽しさが倍増(倍増以上かも知れない)することでしょう.それから,下の写真のようなDVDも出しておられます(これは総集編に相当します.他にも地域別に販売されています).

酷道ビデオ083_convert_20101115135233

著者の松波氏自身も出演されておりまして,進行役の女性(Ayaさんという方.タレントさんでしょうか?),大石久和氏(元国土交通省技監,京大客員教授.『国土学事始め』『国土学再考』の著者として知られる)とのやり取りも実に楽しい.

騙されたと思って,今日ご紹介しました本とDVDを買って,読んで,見てみて下さい.きっと,国道の魅力から逃れられなくなりますよ(悪魔の誘いでした).

書誌データ等:
http://www.amazon.co.jp/dp/4396111606/
http://www.amazon.co.jp/dp/B0043GL96G/


---再掲ここまで---

階段国道とか、あまりにも有名になってしまったなあ~。本当は「知る人ぞ知る」の状況のままでいて欲しいんだけど、一方で、「こんな道があるんだぜ」と人に話したくなるという矛盾をボク自身は抱えこんでいます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: