FC2ブログ

「嫌いな言葉」と言えば・・・

「学び」「気付き」が嫌い!と昨日書きましたが(何度目だろう?)、「嫌いな言葉」と言えば思い出すのが、中島義道氏の『私の嫌いな10の言葉』であります。

この本大好きなのですが、この本について以前に書いた記事を再掲いたしましょう。

---ここから過去記事再掲---

ワタクシは哲学者・中島義道氏のファンです。と言っても、氏の著書は『哲学の教科書』(講談社学術文庫)しか読んだことがないので、ファンを名乗る「資格」はないかも知れません。

そんなワタクシが中島義道氏の『私の嫌いな10の言葉』(新潮文庫)を手にとりました(と言っても、kindle版をダウンロードしたのですが)。

取り上げられている言葉は、「相手の気持ちを考えろよ!」「ひとりで生きているんじゃないからな!」「おまえのためを思って言ってるんだぞ!」「もっと素直になれよ!」「一度頭を下げれば済むことじゃないか!」「謝れよ!」「弁解するな!」「胸に手をあててよく考えてみろ!」「みんなが厭な気分になるじゃないか!」「自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!」です。

ワタクシも、これらの言葉のほとんどに蕁麻疹が出そうになります。それで、「これは!」と大いに期待して読み始めました。

そして、一気に読了しましたが、期待通り、あるいはそれ以上の展開でした。ワタクシには異論はありません。とにかく、「よくぞ書いてくれた」というのが率直な感想です。皆さんも読んで欲しい(愛妻にも是非薦めたい)。とにかく、偏屈者の繰り言ではなく、立派な文化論です。

ところで、特に印象に残った箇所が、哲学者にして人気エッセイスト・土屋賢二氏について述べた「おかしくない「おかしい話」はどきどきする」という箇所。中島氏は、土屋氏の「おかしいはず」の文章がぜんぜん可笑しくないとおっしゃいます。

実はワタクシも、土屋氏の文章が苦手でしたので、「自分の感性は大丈夫だろうか?」と不安に思っていたのですが、中島氏が同じような疑念を呈されていましたので(中島氏は「自分でも感受性が狂っているのではないかと気が滅入るほどおかしくないのであって、土屋さんになぜか聞きたいくらいです」と書かれています)、何となくホッとしました。

土屋氏の「おかしいはず」の話の例として、中島氏は以下の文章を引用されています(土屋著『われ大いに笑う、ゆえにわれ笑う』(文春文庫)の帯にある土屋氏のことば)。

「本書の読み方は簡単である。暗号で書いてあるわけではないから、普通の日本語として読んでいただきたい。ページは若い順に読んでいき、行は右から左に、文字は上から下に読んでいただければよい。なお、この読み方が理解できない人はどういう動機で本書を買ったかを、今後の参考のためにご一報いただければ幸いである。」

この文章に対して、中島氏は「どうしよう。全然おかしくない」と途方に暮れるわけですが、この途方に暮れ具合がワタクシには妙に可笑しく、電車の中で読んでいたので笑いを堪えるのに苦労しました(土屋氏の文章よりよほど可笑しい。中島氏は真面目に書いておられるので申し訳ないのですが)。

土屋氏の文章に対する評価一つとっても、ワタクシは中島氏の感性が正しいと思うのですが、いかがでしょう?

---再掲ここまで---

ところで、中島氏の本とは関係ないのですが、最近ボクが嫌いになった言葉に「きずな」があります。

実は、以前はむしろ好きな言葉で、「『ソーシャルキャピタル』を美しい日本語である『絆』に置き換えた方がいい」みたいなことを論文に書いたこともあります(汗)。

でも、やたらに誰もが「きずな」という言葉を使うので嫌になっちゃったんだよなあ~(これは単なる天の邪鬼かも知れない)。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: