FC2ブログ

隙間時間の友

今週は、私用公用含めて、いろいろなことが重なってしまい、身動きできないような状態でありますが、それでも隙間時間というものは生じます。

と言うわけで、隙間時間の友の紹介です(2014年1月の過去記事再掲)。昨日の記事でも言及しました地図帳です。

---ここから過去記事再掲---

注文していました"British Railways Atlas 1947: The Last Days of the Big Four"(Ian Allan Publishing、1996年刊)が届きました。

英国鉄道地図1_convert_20140122214831

タイトルの通り、1947年現在の英国の鉄道地図です。1947年が特別な年であることは、サブタイトルが物語っている通りです。

要するに、英国では1948年に4大私鉄("Big Four")を統合して国鉄が発足するのですが、その直前の鉄道状況を示した地図ということになるわけです。

ちなみに、4大私鉄とは、"Great Western Railway"、"London, Midland and Scottish Railway"、"London and North Eastern Railway"、"Southern Railway"です。

この頃は非常に密な鉄道網が英国全土に張り巡らされていました(表紙の地模様は実は地模様ではなくて路線図ですよ!)。もちろん、ビーチング・アックスが振り下ろされる前ですからね。最盛期の筑豊の鉄道網が国全体に広がっているイメージだなあ。

ケンブリッジ周辺を覗いてみましょう。

英国鉄道地図2_convert_20140122214941

ケンブリッジから分岐していた3つの廃線が現役ですねえ。これでも、ケンブリッジ周辺は、鉄道網としては「疎」な方ですよ。

この頃は、ケンブリッジからオックスフォードまでロンドンを経由しないで鉄道で短絡できましたが、今は一旦ロンドンまで出ないといけません(バスは直通していますが)。

別の頁ですが、愛妻と乗った保存鉄道"Lakeside & Haverthwaite Railway"も、ちゃ~んと現役の一般の鉄道路線として出ていますね(保存鉄道はその一部なので、当時はもっと長い)。当たり前なんですが、でも感動します。

仕事の合間のお楽しみがまた増えました。でも、ほどほどにしておきます。


---再掲ここまで---

上の過去記事の中で「ケンブリッジからオックスフォードまでロンドンを経由しないで鉄道で短絡できました」と書いていますが、その廃線跡はグーグルアースで結構追跡できます。

ちょっとグーグルアースで確認してみましょう(「こんな作業やっている暇なんてあるの?」なんて言わないでね)。

ケンブリッジ_convert_20151004105136

これは現在のケンブリッジ駅付近ですが、この先もところどころ築堤が途絶えていたりしますが、ほぼ辿って行けます。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: