FC2ブログ

「だいはっけ~ん!」のつもりだったんだけど・・・

以下の記事は「汽車の煙」というタイトルで、昨年の10月に出したものです。

---ここから過去記事再掲---

今更の話ですが、国土地理院の『地理空間情報ライブラリー』は素晴らしい。地図好き・地理好きにはたまりません(もちろん、研究にも活用させていただいております)。

さて、そこで公開されております空中写真を眺めていて、一つ発見をしましたので、ご報告いたしましょう(もう誰かどこかで書いているかも知れないけど・・・)。

下の写真は、筑豊にありました旧貝島炭鉱の六坑の辺り。同ライブラリーで公開されている1974~78年の空中写真です。

電子国土_convert_20141013130348

専用鉄道がバッチリ写っていますね(特に、下の写真の左側の円のところはヤードになっており、貨車も1両1両識別できますね)。六坑は1967年に閉山となっておりますが、充填土砂を運搬するために、この写真の頃はまだ専用鉄道が生きていました。

電子国土2_convert_20141013152012

ところで、今回注目したのは上の写真の右側の円の中です。コレって、走行中の貨物列車じゃないのかなあ?しかも牽引機はSLで、煙が北西方向に流れているYo!

ちょっとだけ拡大してみましょう。

電子国土3

わかるかな?でも、機関車がコッペルかアルコかまではわかりませんね。

ボクは若いので、日本でSLが現役で活躍していた頃を殆ど知りませんし、保存鉄道も含めてSLが牽引する列車に乗ったことがないのですが(英国では、愛妻と保存鉄道に乗りましたが、あれが初めてだなあ)、それでも興奮しますね。

しかし、SLって、沿線の人にとっては、煙害や騒音の発生源なんですよねえ(記憶の中では美化されてノスタルジーを喚起するかも知れませんが・・・)。「昔は良かった」なんて軽々しく言ってはいけないと自戒しています。


---再掲ここまで---

この記事、あまり読まれた形跡が無いのですが、自分では「だいはっけ~ん!」のつもりでしたので、寂しく、カテゴリを「鉄道青年」から「路傍の産業遺産」に変えて再掲いたしました。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: