FC2ブログ

ボクはこれで勉強したんだ

昨日はお勧め教科書の話題でしたが、ボクが学部生(経済学部ではなく農学部生だったけど)のときにはこれで経済学を勉強したんだ。

HQ_convert_20160208191553.jpg

読み終わったのは修士入学直前だけど(汗)。

あれ?そう言えば、この教科書については以前も書いていたな~と言うわけで、過去記事再掲です。

---ここから過去記事再掲---

ワタクシの研究室の少し古い本が並んでいる一角です。

写真_convert_20140228203229

この一角に特に用は無かったのですが、仕事の合間に机上の愛妻の写真を眺めていたら、急にこの一角が気になりました(あまり脈絡はありませんが)。

学生時代から持っている本がほとんど。特に、右から三冊目のヘンダーソン&クォント『現代経済学』(小宮隆太郎・兼光秀郎訳、創文社)にはお世話になりました。

このヘンダーソン&クォントは、タイトルこそ「現代経済学」ですが、「ミクロ経済学」に限定した内容となっています。学生時代に中級のミクロというと、コレと岩波書店の『価格理論』三部作が標準だったような記憶があります(岩波のモダンエコノミックス・シリーズの奥野&鈴村も既に出ていたっけ?)。

まあ、農学部生が読むような本ではありませんでしたが、少し背伸びして読んでいました(経済学部生だったら上級学年で普通に読んでたのかな?)。院に上がる頃に読み終えて、修士の間は、もっぱらVarianのテキストを読んでいたなあ。しかし、MGWなんかを読んでいる今の院生を見ると尊敬してしまうな。

それにしても、箱入り本って良いよねえ。「変色」さえ愛着の証のように見えるもんね(森嶋の『資本主義経済の変動理論』はだいぶ草臥れたものを古本で買いましたので、見かけほど愛着はないけど・・・)。

「小さな本棚一つに収まる程度に蔵書を限定するとすれば何を残そうかな?」と時々考えますが、ヘンダーソン&クォントはその候補の一つ。でも、最終的に残す本って、小説とか歴史書とか鉄道書の類がほとんどで、経済学書は極端に少なくなりそうだなあ。


---再掲ここまで---

ああ!それから、卒業して社会人になって何年か経つと、たぶん勉強がしたくてたまらなくなるYo!これ、多くの卒業生が語るところだから間違いない。台詞も決まっていて「学生時代にもう少し勉強しておけばよかった」
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: