FC2ブログ

このブログは全然タメにならない

今年に入って、本を話題にすることが多くなったような気がするなあ~。でも、本の中身にまではほとんど踏み込んでいない気がする(汗)。一応、書評のカテゴリも設けているので、「書評書かなくっちゃ」という気持ちはあるのです。

だけど、「書評って準備して書くのに時間がかかる」「億劫だ」というのが正直なところであります(書評ブログを頻繁に更新されている方を見ると、本当に尊敬します)。

愛妻相手だと、食卓で本の感想をペラペラ喋るのですが(誰も聞いていないのをいいことに、結構辛辣に)、そのまんまブログに書いてもねえ~。と言うわけで、「何回か読み返してから書評を書こう」なんて思っているうちに、書けなくなってしまうのでありました。

今日はこれでおしまいですが、このまま終わるのも愛想がないので、本の紹介の過去記事でも再掲してお茶を濁しましょう。

---ここから過去記事再掲---

DPLはピンク色が大好きですが,なぜ自分がピンク色が好きなのかあまり深く考えたことはありませんでした(「好きなものは好きなのだ!何か不都合ありますか?」という気持ち).でも,最近,一寸だけ自分がピンク好きの理由を考えてみようと,下の写真の本に手を出しました.

ピンク本1_convert_20091201124146

野村順一著,中村充写真「ピンクの秘密」(文藝春秋,2008年)です.著者の野村氏は,商品色彩学専攻の商学博士.なお,商学に商品学という分野があって,旧高商系の経済学部・商学部などで開講している(していた)ことはDPLも知っていましたが,商品色彩学とは不勉強ながらDPLは初めて聞きました.

それは兎も角,著者は,「ピンクが好きな人の人物像」は,「『愛したい!愛されたい!ヒトの世話をしたい』愛にあふれた人」(p.9)と書きます.「愛したい!愛されたい!」,これについては,当たっています(但し,DPLの場合は,愛の対象は愛妻限定ですけど.それに,「愛したい!愛されたい!」のはピンク好きでなくても誰でもそうじゃないのかな?).しかし,「ヒトの世話をしたい」はハズレだなあ.

それから,「ピンクは無邪気の色,女性そのものの色」(同頁)とも書いておられますが,DPLは邪気の塊だし,ピンクを「女性そのもの色」と言われても男子のDPLは困ってしまいますね(DPLは,フェミニンを装っているつもりはまったくないし…).

著者は既に故人になっておられ,本書は遺稿等をもとに編集されておりますので,記述に体系性はありませんが,中村氏の美しい写真を楽しみつつ,興味のある部分を拾い読みしていくのが,本書のベストな読み方ではないかなと思います.DPL的には,「色の中で,若返りに強烈な効力を発揮するのは唯一ピンクです.ピンクは大脳を刺激して,若返りのホルモンを活発にさせます」(p.16)という記述に目をひかれました.ピンク色の装いの人は男女を問わず若く見えるのは確かですね(素人考えでは,大脳生理学的理由よりも,単に「見え方」の問題のような気もするけど…).

色彩に関する心理学や生理学にDPLは疎いので,記述の科学性についてDPLは論評する資格を持ちません.色彩占いのような記述もあり,この点,少々気にならないこともないのですが,目くじら立てずに楽しめば良い本だと思います.しかし,結局,「なぜDPLはピンク色好きなのか?」の答えはわかりませんでした.

ついでに,様々なピンクアイテムを紹介した実にプリティな本を紹介しましょう.下の写真の本です.

ピンク本2_convert_20091201124213

その名も,「ピンク大好き!Pink!Pink!」(トーソー出版,2008年)であります.実に460点ものピンクアイテムが美しい写真と共に勢揃いしています.まさに欲しい物だらけですが,DPLが既に持っているものが載っていたりして,一寸嬉しくなりました.「へぇ~こんなものもあるんだ!!!」と一々驚嘆の声をあげながら,本書を読みました(眺めました).ピンク道は奥が深い.ピンク好きの人は,直ちに本書を入手し,座右に常備するべきです.

さて,今日の記事のカテゴリーですが,「読書案内・本を巡る随想」に入れるべきか,「ピンク大好き!」に入れるべきか,迷いましたが,結局,後者にしました.


---再掲ここまで---

書評にはなってないけど、とりあえず中身に多少は言及していますね(この記事を書いたのは学部長になる前で、まだ少し暇だったんだ)。ちなみに、再掲するのは2回目かな?
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: