FC2ブログ

寅さんと嘉穂劇場

昨日、筑豊の嘉穂劇場を紹介しましたが、「そう言えば寅さんの中にも嘉穂劇場は登場するなあ~」と言うことで過去記事再掲です。ただし、この過去記事では嘉穂劇場に一切触れてないけど(汗)。

---ここから過去記事再掲---

ワタクシとしたことが、寅さんシリーズのDVDを買ってしまいました。シリーズ第37作『男はつらいよ~幸福の青い鳥~』(1986年)。

P1280989_convert_20130719124918.jpg

実は、ワタクシも愛妻も寅さん的世界は苦手で(寅さんファンの善男善女の皆さんごめんなさい)、多分特別な事情がなければ見ることが無いのです。

今回はもちろん、理由がありまして、ワタクシがフィールドにしております筑豊の貝島炭鉱の炭住が登場しているという情報をキャッチしたからであります。

まだ、早送りでざっと見ただけですが、なるほど、ヒロインの志穂美悦子さんがそこに住んでいるという設定で登場しています。

作品の公開が1986年ですので、それに近い頃の状況かと思いますが、この頃はすでに貝島炭鉱は閉山していますので、かなり荒れています。画面でも荒れた状況が強調されていました。

本当は全盛期の炭住の状況が知りたいのですが、これは仕方ありません。

ただ、筑豊のシーンは思ったより少なく、ほとんどが東京が舞台であることは誤算でした(ワタクシ、寅さんって、地方をウロウロする印象があったのですが、地方に行って柴又に帰ってきて、そこでいろいろ問題が発生するというのがパタンなんですか?)。

まあ、国民に好まれるドラマを知るというのも、社会科学者にとって勉強だと思って、時間を見つけて鑑賞します。

ところで、DVDのパッケージを見て気になる点を発見。拡大してみましょう。

P1280990_convert_20130719124933.jpg

これは、尾小屋鉄道(1977年廃止)のキハ2であります。前後の荷台が特徴的な車両でした(今も静態保存されている筈です)。ご承知のように、尾小屋鉄道は石川県に存在した軽便鉄道で、筑豊とはまったく関係ありません。

早送りで見た感じでは、どこにも登場していなかったような・・・。なぜ、キハ2なのか?謎であります(これに惹かれて、DVDを買ってしまう鉄道ファンもいるかも知れないなあ)。

---再掲ここまで---

まあ、嘉穂劇場は有名だから、ボクが知らないだけで他にも登場する映画やドラマはあると思います。しかし、パッケージの尾小屋鉄道には騙された(ぷんぷん)。

確か、志穗美悦子さんと長渕剛さんは、この映画の共演がきっかけで結婚したんだったかなあ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: