FC2ブログ

小倉炭鉱ではなく足立炭鉱だった

先日、「松本清張とボタ山」というタイトルで記事を書きましたが、そこで松本清張『半生の記』に出てくる廃鉱のボタ山を「小倉炭鉱のボタ山だと思う」と書いてしまいましたが、これは「足立炭鉱」の間違いでした(汗)。

このボタ山が「足立炭鉱」のものであることは、『かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告』No.23 (2015. 12) に掲載された久門守「「松本清張さんの歩いた道」と「しのぶ会」」(同誌pp.57-64)という報告の中で以下のように記されています。

「この炭鉱は小倉炭鉱ではなく「足立炭鉱」という小ヤマだった。いまは福岡県営高坊団地としてアパートが建ち並んでいる。」(同誌p.60)

これは行ってみないといけないなあ。

それにしても、この報告は、松本清張が歩いた道を丹念に検証していて実に面白いなあ。近畿大学学術リポジトリに登録されているので、是非読んでみてね。

ところで、この報告で紹介されている清張が歩いた道を明らかにした「菊ヶ丘『語ろう会』」の活動は実に素晴らしいのであります。

たとえば、歴史に埋もれた小倉炭鉱の発掘などの活動もされていて、これも『かやのもり』No.13 (2010) の中で久門守「筑豊の隣の街にあったヤマ-「小倉炭鉱」発掘記-」(pp.5-12)というタイトルで報告されています。本当に立派な活動だと思いますし、実に面白い。

とりあえず、今日は前回の記事の訂正でした。愛妻にも訂正しておかなくっちゃ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 07
2021
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: