FC2ブログ

猛暑と言えば読書だな

暑いねえ~ (;´A`)。今夏は暑いと聞いていましたが、梅雨明け前の今からこれでは先が思いやられますねえ。

と言うわけで、「猛暑」で検索して出てきた過去記事です。主内容は全然猛暑に関係ないけど・・・。

---ここから過去記事再掲---

大阪はもう2週間以上猛暑日が続いていますね.特に昨日と今日は一寸暑さが堪えました.DPLも愛妻も食欲だけは衰えを見せていない(増している?)のが幸いですが,今年の暑さは本当尋常ではありません.

今日は午後から登校し,研究室で仕事をしています.ふと窓の方を見ますと,珍しくにわか雨が降っていましたが,文字通りの「焼け石に水」で,かえって湿度が上がって不快になった感じ.この暑さいつまで続くんでしょうね.

さて,今日は久しぶりに「青年の書評」シリーズです.まったくの気まぐれです.今日,ご紹介しますのは,下の写真の本です.

複雑さに挑む科学_convert_20100830173337

これは,講談社ブルーバックスの一冊です.ブルーバックスと言えば,自然科学を得意とする新書(普通の新書より版型が少し横に長いけど)のシリーズとしてあまりにも有名ですね.科学好きの方はよくご存知でしょう.DPLもブルーバックス少年で,このシリーズを通して理論物理などに憧れたりしました(あくまでも「憧れ」ね).

ところで,自然科学書が主流のブルーバックスの中では,この本は異色でした.著者の柳井氏は,執筆当時は東大医学部の助手でしたが,もともとは教育心理学者で,文科系(DPL自身は,文科系・理科系という分類が好きではありませんが)の人でした.岩坪氏も,工学部(計数工学)と文学部(西洋哲学)を両方卒業した文理両道の人です.

DPLはこの本を,高校生の頃に買って読みました(眺めました)が,文科系の分野で数学(と言っても統計学ですが)が強力なツールになることをこの本で初めて知りまして,非常に感銘を受けました.タイトルだけ見ると複雑系の本のようですが,サブタイトルにある通り,多変量解析の本です.

高校で勉強する程度のベクトルと行列の知識があれば一通り読めるように書かれています(高校生には一寸難しいところもあるけど).数式展開は非常に丁寧で,対応する幾何学的表現も可能な限り取り入れられており,「応用だけでなく,理屈をきちんとわからせよう」という精神がトコトン貫かれているように感じました.

「分散」はベクトルの長さの平方,「標準偏差」はベクトルの長さ,「相関係数」は2つのベクトルのなす角度,etc.は,この本で初めて勉強しました.幾何ベクトルと関連付けますと記述統計は本当に見通しが良くなります.それに,本書を読んでいますと,多変量解析だけでなく,「線形数学をもっと勉強したい」と思わせるんですよねえ.勿論,多変量解析を様々な社会現象に応用したくもなってきます(こっちの方が大事).

DPLは,農学部に進学し,しばらくはこの本の存在を忘れていました.しかし,卒論で必要に迫られて多変量解析(主成分分析など)を使ったのですが,その時に本書のことを思い出し,読み返しました(勿論,専門書は別に読みましたが).多次元データを前にして,その料理法に悩んでいた学生DPLには,本書は実に頼もしい相談相手となりました.

大学院進学後も,ちょくちょく本書を参照していました(多変量解析の「こころ」や,各手法の「意味」が本当によくわかるもので.ただ,古い本なので,最近の新しい手法は網羅していませんが・・・).高校時代にまったくの趣味で買った本なのに,自分にとっては最も実用的な本の一冊になってしまいました.

いずれにせよ,本書は多変量解析の入門書としては最も優れた書物だと思います.その証拠に,1976年に刊行された古い本ですが,未だに増刷を続けています.

DPLの場合,本書に限らず,まったくの趣味で買った本が,後々本業で役立つことは,わりとあります.ついつい趣味で本を買い過ぎてしまう言い訳のように思われるかも知れませんが,本当だよ.

書誌データ
http://www.amazon.co.jp/dp/4061178970/


---再掲ここまで---

それにしても、受験勉強しないでブルーバックスばかり読んでいるところなど、本業に関係ない本を読み耽る今とそう変わらないや(汗)。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

プロフィールなど

Author:プリティラヴ博士(DPL)
くちびる4_convert_20091214215454
--------
いまも愛妻に心のトキメキを覚えるハート庵主人・プリティラヴ博士(DPL)が,皆さまに「愛」の御福分けをいたします.愛妻家および愛妻家ファン必読!過去記事の一覧はこっちだよ.
--------
DPLのプロフィール:愛妻家,甘党男子,散歩家,鉄道青年,活字中毒者,長髪ピンク野郎,英国かぶれ,農学博士,自称経済学者,大学教授(もと経済学部長),馬術部長(残念ながら乗馬経験はありませんが,象にはインドで乗りました)など.主に大阪周辺をチョロチョロしています.

--------
DPLへのメールは,ここ(←メールフォーム)から出してね!


P1020343_convert_20090925225456.jpg

DSCF4284_convert_20100217093716.jpg

一日一回,下のバナーを押して下さいますと,DPLはとても喜びます.

カテゴリ
カテゴリごとのインデックスを頭に付けましたので活用してね!
最新記事
全記事の一覧

全ての記事を表示する

リンク
このブログをリンクに追加する
FC2カウンター
カレンダー(見たい日付をクリック)
<< 08
2021
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: